“グラウンドにはゼニが落ちている”湯浅のモチベーションに

“グラウンドにはゼニが落ちている”湯浅のモチベーションに

投稿者:

21年シーズン、大躍進を見せた湯浅投手。そのハングリー精神の源泉には“グラゼニ魂”がありました。他の選手より稼げるピッチャーになりたい。そんな純粋な動機が、ここまで成長を遂げる原動力となってくれたのです。来季、もっと稼げるように投げまくってください!

阪神・湯浅京己のブレークにグラゼニ魂あり 「相手チームの年俸を見たり」 躍動のヒミツを明かす
サンケイスポーツより)

阪神・湯浅京己投手(23)が27日、甲子園のクラブハウスと鳴尾浜に姿を見せ、最優秀中継ぎに輝いた今季を〝グラゼニ魂〟で戦っていたことを明かした。ブルペンにある選手名鑑に目を通し、対戦相手の推定年俸などをチェック。今季年俸500万円の右腕はハングリー精神を燃やして岡田虎を支える。(金額は推定)

大ブレークを果たしたいま、充実感がその胸を埋め尽くす。一方、シーズン中に宿していたのはグラゼニ魂。湯浅は出番を待つブルペンなどでひそかにチェックしていた。

「結構(選手)名鑑はシーズン中でも見ますよ。ブルペンとかで時間があるときに、みんなで相手チームの年俸を見たり。ずっとグラゼニ、グラゼニって言うてたんで」

南海を1946年から23年間にわたって率いた名将・鶴岡一人監督はかつて、選手に「ゼニが欲しけりゃ練習じゃ」と、グラウンドにお金が落ちていることを説いた。この意味を略した「グラゼニ」は「カネ」をテーマとしたプロ野球漫画のタイトルにもなり、湯浅にとっては身近になった。

右腕の推定年俸は500万円と高くない。だが、今季は主にセットアッパーとして59試合に登板。厳しい場面でも高額年俸打者を抑え続けるなどし、最優秀中継ぎを獲得。今オフでの年俸大幅アップも確実視され、まさにゼニを拾い集めた。

印象的だったのは幼少期にユニホームをパジャマにして寝ていたほどあこがれてきた巨人・坂本との対戦だという。「初めて対戦したときは、めちゃくちゃ鳥肌立ちました」。自身の120倍となる年俸6億円のセ・リーグ野手最高年俸男だ。今季の対戦結果は3打数無安打。大打者封じは自信になる。守護神に名乗りをあげる来季も変わらずハングリー精神を力にし、岡田虎の大きな柱となる。来年2月のキャンプインを見すえ、この日にキャッチボールを再開し、1月は梅野と沖縄で自主トレを行う予定だ。

「暖かい場所でできるので、体も早く作れると思う。いつも見てくれているトレーナーさんもついてきてもらって、いろいろとできるので、やりやすく、スッと2月に入れるんじゃないかなと思っています」

選手名鑑を開いた選手から、今度は憧れられる存在になる。グラゼニ魂を地で行く右腕に大事なシーズンが待っている。

 

◆グラゼニ 監督勝利数で歴代最多の「1773」を誇る南海・鶴岡一人監督の名言。「グラウンドにはゼニが落ちている。人が2倍練習したら3倍練習せえ。ゼニが欲しけりゃ練習じゃ」と話し、野村克也らに刺激を与えた。講談社の「週刊モーニング」では成果主義であるプロ野球の「カネ」をテーマとした「グラゼニ」シリーズ(原作・森高夕次、漫画・足立金太郎)が2011年から好評連載中。

 

WBCへロージンなど対策「考える」 湯浅は来年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)での代表入りに意欲を燃やす。11月の強化試合では滑りやすいとされるWBC使用球に好感触をつかんだが「投げ終わりに(人さし指と中指が)くっつくくらい。フォークが抜けない」とロージンバッグとの相性に苦戦した。あえて使用しないことも含めて「いろいろ考えながらやりたい」とオフの間に向き合っていく。

 

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事はサンケイスポーツで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です