湯浅、地元での凱旋講演会で熱い思いを語る!

湯浅、地元での凱旋講演会で熱い思いを語る!

投稿者:

自分を育ててくれた地で、成長著しい湯浅投手が更なる躍進を誓ってくれました。後輩たちも、偉大な先輩のキラキラする姿を羨望の眼差しで見入っていました。今や地元のヒーローとなった湯浅が、来季は大車輪としてチームを牽引してくれることでしょう。

湯浅京己、母校中学後輩らに故郷への恩返し誓う「自分が頑張ることで尾鷲の名前が出て」
日刊スポーツより)

アツアツな町おこしをするぞ! 阪神湯浅京己投手(23)が故郷の三重・尾鷲市への恩返しを誓った。

最優秀中継ぎ賞を手土産に15日、母校尾鷲中学の生徒らを対象とした講演会で凱旋(がいせん)。“湯浅先生”は後輩たちに思い出などをたっぷり語り、報道陣には過疎化が進む地域活性化への熱い思いを明かした。日本一雨量が多いとされる地域性も踏まえたドーム球場建設など、ビッグな構想は夢いっぱいだ。

 

湯浅は、故郷を真剣に思っていた。上下薄茶色のセットアップで決め、母校尾鷲中学の後輩たちに向けて熱く語った講演会直後。思いは一層強くなっていた。

「尾鷲も人口が減ってきてると思いますし、自分が頑張ることで尾鷲の名前が出て、観光客が少しでも来るようになれば、町がにぎやかになると思う。そういった面でも頑張りたい」

同市観光協会のスタッフによると、近年は年間400人超の人口減少が続く。人口は約40年前から半減し現在は約1万6000人。野球をする子どもも減った。湯浅が小学4年からプレーし、当時は60人ほどいた尾鷲少年野球団は現在22人。過疎化が止まらない厳しい現状は自然と耳に届く。

「少しでも食い止められる存在になれるように、やれることはやりたい」

尾鷲市は全国的にも雨量の多い地域で知られる。雨天時も野球ができるドーム球場建設への意欲を問われると「できればいいですね」とにっこり。大活躍して稼いだ資金を元手に、将来の“湯浅ドーム”構想を思い描いた。野球教室などの振興活動も「三重県内でそういった機会があれば、そこに尾鷲から呼んだり。機会があればやってみたい」と意欲的だ。

「招待とかやれれば、いいことになるんじゃないかな」と子どもたちを甲子園に招待するプランも披露。生まれ育った故郷に恩返しをしたい思いは尽きない。

同市観光協会は、緊急事態宣言が明け、イベントが開催できるようになったところで、当初は打ち上げ花火で町を盛り上げる予定を立てていた。だが、今年の湯浅の活躍を見て計画を変更。今回の講演会実現について、担当者は「湯浅君が来てくれたら町も元気になると思った」と明かした。講演会後に行われた一般参加可能のトークショーには、県外からの来場者も多数。早くも湯浅効果が出た。

最優秀中継ぎ賞を獲得するなど大ブレークの1年。何年も活躍を続ければ、“湯浅ドーム”建設も現実味を帯びる。講演会終盤には、中学生たちに「阪神では優勝のことをアレっていうので、チームのアレに貢献できるピッチングを開幕からできるように頑張ります」と誓った。地元への熱き思いが、来季への原動力になる。

 

○…湯浅の講演会には母校の尾鷲中と輪内(わうち)中の計345人が参加した。中学3年時に担任だった野中貴央氏(現輪内中教諭)との対談形式で約40分の濃密トーク。野中氏から「どんな生徒だった?」と振られ「チョー真面目でした」と笑顔で回答。野中氏も「すごく目立ってって感じではなかった。ニコニコしてちょっとイジられて」と明かした。中学3年の合唱祭では指揮者を務めた愛されキャラ。「当時の好きな言葉は?」と問われると「不動心じゃないですか?」と即答。野中氏は「文集に書いていた」と懐かしんだ。生徒からの質問にも笑顔で答え、会を盛り上げた。

◆尾鷲市 三重県南部、東紀州地域の中央に位置。黒潮が流れる熊野灘に面する。日本の中でも降雨量が非常に多い都市の1つ。県庁所在地の津市から南に約100キロ。人口1万6343人(11月30日現在)。面積の90%は山林で、海岸はリアス海岸。背後を山に囲まれ、南からの暖かく湿った空気が流れ込みやすい春から秋にかけて雨雲が発達しやすい。「熊野詣で」などで旅人が往来した熊野古道は、世界遺産に登録されている。加藤千速市長(74)。大阪タイガース(現阪神)などで外野の長距離砲として活躍した別当薫の本籍があり、湯浅は別当以来の同市出身のプロ野球選手となる。

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事は日刊スポーツで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です