“育成の星”となれ!川原が不退転の決意

“育成の星”となれ!川原が不退転の決意

投稿者:

毎年、次から次へと優秀な選手が入団してくるタイガースの中で、育成選手として5年目を迎える川原投手が悲壮なまでの決意を口にしました。今年芽が出なければ最後ー。崖っぷちで踏ん張る若虎達にも要注目です!

阪神・川原陸の不退転の決意 新人同級生と入団同期が発奮材料「結果が出なかったら終わり」
サンケイスポーツより)

阪神の育成ドラフト1位・野口恭佑外野手(22)=九産大=が入寮と同時にダンベルを持ち込むなどし、筋トレ好きをアピールしている。取材に応じる際、目立つのは長崎弁のイントネーション。ファンから愛されそうなキャラクターだ。そんな野口に、今季5年目を迎える育成左腕・川原陸投手(22)が温かく、そして身が引き締まった視線を向ける。

「2人で支配下に上がって活躍できたら一番。こんな機会はもうないと思う。勝負の世界なのでどうなるかは分からないですけど、どっちも支配下になって、自分の(登板する)試合で一緒に出て、というのができたら本当にうれしい」。新入団会見翌々日の昨年12月14日、長崎弁がすっかり抜けた標準語で野口の入団を喜んだ。2人は創成館高時代の同級生。プロで再び一緒に野球ができることが、素直にうれしいようすだ。

ただ、70人が上限の支配下登録枠は「68」まで埋まっており、2桁背番号への争いは厳しさを増している。左腕は2019年にドラフト5位で入団するも腰痛や左肩痛に悩まされ、昨季から育成契約に。今季に向けて「確実に勝負の年。結果が出なかったら終わり」と悲壮感を漂わせる。

tpd.gif

現在、静岡で行っている合同自主トレも、左腕の先輩・岩崎に頼み込んで実現。コロナ禍などの影響もあり、これまでオフは主に個人で体を動かしていたが、今回が何かをつかもうと自身初の合同自主トレ参加を試みた。

19年入団は1位から順に近本、小幡、木浪、斎藤(現日本ハム)、自身がいて湯浅と続く(育成で片山)。野手3選手が上位を占め、入団当時は「自分と(斎藤)友貴哉さんと(湯浅)京己さんで『頑張ろうぜ』と言っていた」と活躍を誓っていた。湯浅は昨季、最優秀中継ぎのタイトルを獲得と大ブレーク。身近な存在が果たした飛躍だけに「夢をみせてもらっている」と刺激を受けた。負けてはいられない。

「ここからの追い上げは、絶対にしてやろうという気持ちはあります」。新入団の同級生から同期まで発奮材料は多い。背負う127番を〝軽く〟して、1軍での初登板を飾る―。川原は不退転の決意で今季に挑む。

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事はサンケイスポーツで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です