また“たこ焼き”・・・リーグ最多17度目の完封負け

また“たこ焼き”・・・リーグ最多17度目の完封負け

投稿者:

ド派手なユニフォームに身を包み、一気に9連戦を勝ちまくって借金完済・Aクラス浮上・・・。そんな夢は、あっけなく初戦で散りました。しかも今季早くも17度目の完封負け。「0」がたこ焼きのようにスコアボードに並び、ただの1度も六甲おろしを歌うこともなく帰路についた虎キチ達の無念を晴らすべく、今日はバカスカ打ちまくってほしい!

阪神 ウル虎悔しい完封負け 矢野監督「打線でしょ」A・ロッド入団も競争強調
デイリースポーツより)

「阪神0-4巨人」(12日、甲子園球場)

 3連勝で巨人を追い越せたのに…。阪神は2・5差で迎えた宿敵との一戦で今季17度目の完封負けを喫した。巨人を上回る先発野手全員の8安打を放ったが、5度の得点機で快音を封じられた。9連戦初戦を落とした矢野燿大監督(53)はこの日の2軍戦で2本塁打を放ったマルテの昇格を明言。一方、入団会見に臨んだ新助っ人、アデルリン・ロドリゲス内野手(30)に関しては“競争”と位置付けた。

 結局、点は入らなかった。疲れが見え始めた戸郷から八、九回と先頭が安打で出塁。ともに一、二塁の得点機を作ったが、走者が本塁を踏むことはなかった。巨人相手には初めてながら、今季早くも17度目の零封負け。甲子園では7日の広島戦に続く2戦続けての無得点敗戦だ。

 この日は3万8753人が詰め掛け、多くの虎党が配布された「ウル虎の夏」ジャージーを着て応援した。「せっかくね、たくさん入ってもらったのに…」と矢野監督も伝統の一戦での完敗に無念の表情だ。

 戸郷に対しては8回無得点に終わった5月20日の甲子園での対戦に続き、計17イニング無得点の屈辱となった。「完封されるような調子じゃないと思うけどね。こっちが打ち損じてるというか、打ってないというだけで」。先発野手全員がそれぞれ1安打の計8安打を放つも、決定打が出なかった打線に思わずため息が漏れる。

 巨人と2・5ゲーム差で迎えた今カードは、3連勝すれば宿敵を抜き去ってのAクラス進出もあった。「(敗因は)打線でしょ」と吐き捨てた指揮官は、カンフル剤としてこの日のウエスタン・広島戦で5打数4安打、2本塁打と爆発したマルテの昇格を明言した。

 5月27日から、右足コンディション不良で2軍調整が続いていたM砲が久々に戻ってくる一方で、同じ一塁を守らせる方針の新外国人・ロドリゲスもチームに合流した。「枠を空けて待ってるわけじゃないんで。ロドリゲス自身がチャンスをつかむことが、まずやってもらうこと」。矢野監督はファームで結果を出し、競争の土俵に上がってくることを期待する。

 マルテ、ロドリゲスの長距離砲がアピール合戦を展開することで、佐藤輝、大山が主軸を形成する打線の活性化が図れないか。はるか前方を走るヤクルトを追走するためには、もう、もたもたはしていられない。大逆襲へと勢いをつける、きっかけが欲しい。

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事はデイリースポーツで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です