梅野、攻守走にわたる大活躍で逆転勝利!

梅野、攻守走にわたる大活躍で逆転勝利!

投稿者:

ここで負けるとBクラス転落、CS進出がいよいよ遠くなってしまうことになる大事な試合で、先発マスクを被ったキャッチャー梅野が魅せてくれました。浅い犠飛でも自慢のスピードでホーム生還すると、バットでも2点タイムリー、守っても6投手の継投をリードし、大逆転勝利を演出しました。この調子で、残り試合はなんとしてでも全部勝ってほしいですね!

神・梅野「いやあ、疲れました」走攻守でド執念星 逆転V撃&激走生還&6投手リード
デイリースポーツより)

 「阪神6-5広島」(14日、甲子園球場)

 CS進出へ価値ある逆転勝利だ。一進一退の展開で迎えた六回。阪神の梅野隆太郎捕手(31)が右中間へ逆転の2点三塁打を放った。今季苦しめられてきた森下をKOすると、6投手をリードして1点差での勝利へ導いた。Aクラスを争う広島との直接対決を制して4位・巨人と1・5差、5位・広島と2差に広げた。

 しびれるようなシーソーゲームを勝ち切った。勝負を決めたのは梅野のバットだった。3-4と勝ち越しを許した直後の六回、1死一、二塁。森下が高めに投じた149キロを捉えた。打球は右中間を深々と破り、2者が生還。今季初の三塁打でこの試合で初めてリードを奪った。

 本拠地の大歓声で迎えられたお立ち台では「いやあ、疲れましたね、はい」と実感を込めた第一声。「今シーズンはふがいないと思いながらも一試合一試合を積み重ねてきた。こういう日が来るだろうと試合前の練習からしっかりやっているので、結果に結びついたことは良かった」。土壇場で勝負強さを発揮した決勝打を安どの表情で振り返った。

走塁でも魅せた。2-3とされた直後の五回、先頭打者で右中間二塁打。無死満塁から糸原の左飛で三走・梅野はタッチアップで本塁へ突入した。「無我夢中で覚えていないくらい集中していた」。気迫あふれるヘッドスライディングで試合を振り出しに戻したのが大きかった。

 守備でも勝利に貢献した。6人の投手を粘り強くリード。八回2死一、三塁で打者・上本の場面では、2ストライクから湯浅の3球目の外角へのワンバウンドを、華麗なミットさばきで捕球。さらに4球目にもフォークを要求し空振り三振に仕留めた。「1点差をモノにするこの緊迫感というのはキャッチャーとしても非常にうれしいものはある」。負ければ今季優勝の可能性が消滅するだけではない。CS進出を争う広島に同率で並ばれる危機でもあったが、執念で白星をもぎ取った。

 次戦17日は1・5差で4位の巨人と今季最終戦。18日から首位ヤクルトと2連戦と厳しい戦いは続く。梅野は「こういうゲームを取るというのはチーム自身も全体的に上がってくる」と正念場での1勝の価値を強調。梅ちゃんの走攻守にわたる活躍が残り8試合のチームを勢い付けた。

 

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事はデイリースポーツで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です