梅野?坂本?正捕手争いの決着は・・・!?

梅野?坂本?正捕手争いの決着は・・・!?

投稿者:

今季の捕手ポジションはシーズン当初から梅野、坂本の併用体制が続いてきました。ここに長坂も割って入る状況になりましたが、チームが安定して戦い抜くためには、そろそろ正捕手を固定起用する必要もあるかもしれません。そのポジションを獲得するのは梅野か、坂本か、はたまた長坂か。チーム内の熾烈な競争からも目が離せません。

阪神の正捕手争いは「そろそろ決断の時期」 CS争い、借金返済に必要な“起用法”
Full-Countより)

68試合を消化しスタメンマスクは梅野が28試合、坂本が30試合、長坂が10試合

 阪神は19日のDeNA戦(甲子園)に4-7で敗れたものの、カード勝ち越しに成功しセ・リーグ3位につけている。ここまで31勝36敗1分の借金「5」。巻き返しに向け、第一目標は球宴までの借金完済となる中、現役時代に阪神、ヤクルトなど4球団で計21年間捕手として活躍した野球評論家・野口寿浩氏は「捕手の併用はそろそろ、決断の時期にきているかもしれない」と分析した。

 開幕からリーグワーストの9連敗を喫するなど3、4月は9勝20敗1分と開幕ダッシュに失敗。それでも5月は11勝13敗、そして6月は11勝3敗と調子を上げ最下位から3位に躍進した。先発、中継ぎと投手陣の踏ん張りが大きかった。さらに野口氏は「交流戦も終わり、ここからの戦い方が大事。3人の捕手を併用する阪神は決断の時期にきているかもしれない」と語る。

ここまで68試合を消化し、スタメンマスクを任されたのは梅野隆太郎が28試合、坂本誠志郎が30試合、長坂拳弥が10試合。これまでの実績、経験を考えれば正捕手に一番近い存在なのは梅野だろう。交流戦期間中に怪我で離脱する期間もあったが、復帰後も先発する投手によって3捕手の併用が続いている。

周囲の見方は「打の梅野」「守の坂本」

「ここまで捕手をコロコロ変えると、1カード3連戦トータルでの配球を考えることができない。1戦目で餌をまいても、2戦目、3戦目で違う捕手がマスクを被るとやってきたことがゼロになる可能性もある。捕手は1試合だけを見るのではなく、トータルで試合を考える」

 昨季は梅野が125試合に先発したが、終盤は打撃不振に陥りシーズン最後の11試合は坂本が続けて先発。周囲の見方は勝負強い打撃の「打の梅野」に対し、リード面で評価される「守の坂本」。今季は正捕手が固定できない状況だが、野口氏は経験と実績で上回る梅野を推す。19日のDeNA戦でも気になる点があったという。

 この日は坂本がスタメンマスクを被り、先発の西純が3回に2死から3失点。さらに8回にはセットアッパーの湯浅が3失点で勝ち越しを許し逆転負け。8回1死一塁の場面で桑原を変化球で追い込みながら、最後は直球で左前打を浴びた場面について「ストレートに強い桑原をずっと変化球で崩していながら、最後は直球で痛打。この1球の意図は分かりづらかった。西純の場面でも一呼吸、間が欲しかった」と口にする。

「球界全体をみても正捕手が全試合に出場することは厳しい」

 先発投手に付いた勝敗(中継ぎ投手の勝敗を含まない)を組んだ捕手別に見ると、ここまでは梅野が10勝10敗、坂本は10勝12敗、長坂は6勝2敗となっている。

「今は球界全体を見ても、正捕手が全試合に出場するのは厳しい。流れを変えるために週1回程度、捕手を変えることはある。そろそろ決断の時期にきているかもしれません」

 タイガースの正捕手は梅野、坂本、それとも長坂か――。Aクラス、CS争いに食い込むため、矢野監督の起用に今後も注目が集まる。

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事はFull-Countで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です