現役ドラフトで新加入の大竹、チームの起爆剤となれ!

現役ドラフトで新加入の大竹、チームの起爆剤となれ!

投稿者:

ソフトバンク・ホークスから今回初めて行われた現役ドラフトでの移籍となった大竹選手が、入団会見を行いました。早大の直属の後輩でもあり、岡田監督の期待も大きなものがあるでしょう。新天地で、思い切り輝いてほしいですね!

現役ドラフトで阪神に加入した大竹耕太郎が入団会見 スアちゃんに続け!?
サンケイスポーツより)

スアちゃんに続け! ソフトバンクから阪神に現役ドラフトで加入した大竹耕太郎投手(27)が16日、西宮市内の球団事務所で入団会見を行った。背番号は「49」。近年、1軍で結果を残せていない左腕は、2020年に同じく鷹から加入して守護神へ出世したロベルト・スアレス投手(31)=現米大リーグ・パドレス=のように、新天地での大化けを誓った。

スーツ姿で会見に臨んだ大竹は瞳を輝かせた。成功のモデルケースがある。自身と同じくソフトバンクから加入して大出世したアノ人の名前を出し、決意を示した。

「スアレスさんもホークスで結構、悩まれていた。先発したり中継ぎしたり、難しい立場で。阪神で抑えをやられているのを見て、こんなに環境で変わるんだと分かりました。自分も移籍をきっかけにいい方に変わっていけるように、前向きにやりたいと思います」

スアレスは鷹時代の2017年に右肘を手術。復活しきれず、19年限りで戦力外通告を受けた。しかし、阪神と契約して20年に復活。守護神として2年連続で最多セーブのタイトルを獲得し、今季からは米大リーグ、パドレスで活躍している。



大竹は18年にソフトバンクに育成D4位で入団。多彩な変化球を操る軟投派先発投手として同年に支配下を勝ち取る中で、苦しい時期を過ごしていたスアレスを見ていた。そして、虎で鮮やかによみがえった姿も―。「環境のせいにすることはないんですけど」とつけ加えたが、3年連続で1軍でほとんど登板機会をつかめなかった自身の姿を、重ねた。

熊本県出身で関西とは縁がない。それでも、幸いなことにタイガースには顔なじみがいた。「ホークスから阪神に来て活躍されている先輩方に続けるように」。今季、虎に育成で加入して復活した渡辺雄は18年育成入団の同期で、LINEで連絡を取り合う仲。すでに家探しなどでアドバイスをもらった。元鷹といえば二保や加治屋もおり、何より岡田監督は早大の大先輩にあたる。

「いろいろな方から『岡田監督は厳しいけど、すごく情に厚い方だよ』というお話をいただいている。その厳しさについていけるように、自分に厳しくやりたいと思います。『アレ』に貢献するために、1軍で1年間投げられるよう、覚悟を決めて頑張ります」

先発とリリーフで持ち場は違うが、狙うは同じサクセスストーリー。スアレス先輩のように、虎で大化けしてみせる。

 

■ロベルト・スアレス ベネズエラで建設作業員などとして働いていたが、野球を諦めきれずに23歳でメキシコに渡り、プロデビュー。2015年11月にソフトバンクと契約した。16年は中継ぎとして58試合に登板するも、ベネズエラ代表として参戦した17年WBCで右肘を痛め、4月に手術。18、19年と結果を出せず、戦力外に。しかし、19年12月に阪神と契約すると、20年は守護神として大活躍。51試合に登板して防御率2・24、25セーブを挙げて最多セーブに輝いた。21年は62試合に登板して同1・16で42セーブを挙げ、2年連続で最多セーブ。同年オフ、パドレスと契約して悲願の米大リーグ移籍が実現した。

大竹 耕太郎(おおたけ・こうたろう) 1995(平成7)年6月29日生まれ、27歳。熊本市出身。済々黌高時代は2年夏、3年春に甲子園出場(いずれも3回戦敗退)。早大に進学し、2018年育成D4位でソフトバンク入団。同年7月に支配下。今季は2試合に登板し、0勝2敗、防御率6・43。通算35試合に登板して10勝9敗、防御率4・07。来季年俸2000万円。184センチ、87キロ。左投げ左打ち。背番号「49」

 

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事はサンケイスポーツで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です