“負けないが、勝てない”首位攻防3連戦は互いに譲らず

“負けないが、勝てない”首位攻防3連戦は互いに譲らず

投稿者:

何度も何度も、甲子園には大歓声が湧き、その後溜息に変わる場面が続きました。投手陣が粘り強く相手強力打線を抑えてくれましたが、頼みの打線が「あと1本」というところで失速の連続。12回を戦い切ってのドローは、疲労感が残る結果となりました。こんな展開で勝ち切れるチームになってほしいですね。

阪神に王者ヤクルトの壁 村神様11打数“完封”でも打線沈黙…岡田監督「拙攻やんか」とボヤき
日刊ゲンダイDIGITALより)

9日、阪神はヤクルトに1-1で延長十二回引き分け。この3連戦、1勝1敗1分けで終えた。

 全ての試合が2点差以内で決着する緊迫した投手戦となったが、試合後の岡田彰布監督(65)は冴えない表情を浮かべて、「拙攻やんか」とボヤいた。

 阪神は3試合で、ヤクルトの4番・村上を11打数無安打と完璧に封じ込めた一方で、貧打に苦しんだ。この日は八回以降、再三の勝ち越しの好機をつくりながら、あと一本が出なかった。前カードの広島戦から34イニング連続適時打&本塁打ゼロと、1点が遠い。中でも、開幕から「5番・三塁」に座る佐藤輝は打率.160とサッパリで、岡田監督はスタメン落ちも示唆した。

「勝負どころで打線が機能しないのは、昨季までと同じです」と阪神OBが続ける。

「本拠地の甲子園で地の利もあっただけに、勝ち越しておきたかった。ヤクルトは2戦目、先発予定だったピーターズがコンディション不良で急きょ、登板を回避。阪神はこれに乗じて白星をモノにしましたが、この日は打線がヤクルトバッテリーに翻弄された。岡田監督は改めて、ディフェンディング王者の強さを実感したのではないか」

ヤクルトは試合巧者ぶりを発揮

阪神は岡田監督が就任した今季、5年連続でリーグワースト失策を記録した守備力は改善しつつあるし、先発、リリーフを含めたトータルの投手力もリーグ屈指といっていい。

 ここまで5勝2敗1分けで2位につけているものの、その上を行くのがヤクルトだ。チーム防御率は12球団トップの0.77を誇る一方、チーム打率は12球団ワーストの.168。阪神以上に打てていないにもかかわらず開幕9試合で6勝2敗1分けと開幕ダッシュを決め、試合巧者ぶりを発揮している。リーグトップタイの7本塁打、12球団トップの12盗塁をマークするなど、長打と足技を絡めて効果的に得点を挙げ、盤石の投手リレーで白星を積み重ねているといっていい。

 阪神がヤクルトを上回るには、課題は少なくない。

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事は日刊ゲンダイDIGITALで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です