「勝利の方程式」見えないまま12度目の完封負け・・・

「勝利の方程式」見えないまま12度目の完封負け・・・

投稿者:

もしあの場面で代走を投入していたら・・・そう思わずにはいられない、悔やんでも悔やみきれない敗戦となりました。代打の切り札がしっかり仕事を果たした楽天とは対照的な、勝つ形の見えない完封負けに、雨の中でまたも期待を裏切られた虎キチ達はやるせない気持ちで帰路に。気持ちを切り替えていくしかありません。

矢野阪神 完封負け昨季超え12度目 八回代走策は?矢野監督「結果的に行ききらんかった」
デイリースポーツより)

「阪神0-1楽天」(26日、甲子園球場)

 阪神は5安打に終わり、両リーグワーストを更新する今季12度目の零封負けを喫した。八回2死二塁は近本の左前打で二走・長坂が本塁憤死。すると、九回に守護神・岩崎が決勝点を奪われる悪循環。ヤクルトが敗れて自力V消滅は回避したが、波に乗れないまま、27日はロッテ・佐々木朗との対戦を迎える。

 1点を追う九回裏。空振り三振で最後の打者となった佐藤輝は、悔しさのあまり思わずバットを放り投げた。12球団ワーストを、またまた更新する12度目の完封負け。50試合目にして、早くも昨季の回数を超えた。

 楽天先発の岸に7回散発3安打、無得点の好投を許し、右腕に対して26イニング連続無得点となった。「コントロールもいいし、緩急もあって、球種もそれなりにたくさんあるんで。簡単ではないけど、うーん…何とかしたかったよね」。矢野監督は悔しそうだ。

 勝負を分けたのは好投を続けた両軍先発降板後、得点機の攻防だった。阪神は八回2死二塁で近本が左前打を放つ。藤本三塁ベースコーチは二走・長坂を本塁に突入させるも、前進守備だった西川の好返球の前に憤死。リクエストの結果も覆らず、スタンドはため息に包まれた。

 二走・長坂に代走の選択肢はなかったのかを問われた指揮官は「結果的に俺が行ききらんかったっていうのは受け止めているけど。延長12回制という難しさもあるし、拳弥も(足が)遅いわけじゃないんで」。難しい選択だったことを認め、顔をしかめた。

 一方、九回の楽天は同じ2死二塁で炭谷の中前打で、二走・渡辺佳を三塁でストップさせた。そして代打・銀次の左翼前にポトリと落ちる適時打で決勝点をもぎ取った。結果論とはいえ、このあたりのちぐはぐさが阪神の低迷を象徴している。

 17日のヤクルト戦に続き、今季2度目の負け投手となった岩崎に「当たり前やけど一番厳しいところで優(岩崎)は行っているので。経験はしっかりあるし、肝っ玉が座った選手。任せていこうかなと思っている」。引き続きストッパーを任せる方針を明かした。

 この日、首位・ヤクルトが敗れたため、自力V消滅は免れた。だが、きょう27日はロッテ・佐々木朗が相手だ。「(今季)最初に負けを付けられるように、全員で向かっていきます」と矢野監督は威勢がいい。果たして今の打線で、令和の怪物をいかに攻略するのか。自力V消滅危機が続く中、猛虎の意地を見せてほしい。

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事はデイリースポーツで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です