現役ドラフト初開催!大竹耕太郎投手を獲得

投稿者:

史上初の「現役ドラフト」が開催され、タイガースからは陽川選手を放出、ソフトバンク・ホークスから大竹投手を獲得することに成功しました。2選手にとって、環境を変えることで再び活躍する機会を得る結果となってくれると嬉しいですね。大竹投手の先発ローテ入り、今から楽しみです。

岡田阪神“ドラ1”でソフトバンク大竹獲得 現役ドラフト1号は早大後輩のローテ候補左腕
デイリースポーツより)

プロ野球は9日、史上初めて出場機会に恵まれない選手救済の「現役ドラフト」を開催した。阪神はソフトバンクから大竹耕太郎投手(27)を獲得。甲子園のクラブハウスからリモート参加した岡田彰布監督(65)は、早大の後輩左腕が意中の“ドラ1”だったことを明かし、先発ローテ入りの期待を寄せた。大竹耕も甲子園での登板を熱望し、新天地での活躍を誓った。

 ラジオ出演を終えた岡田監督はえびす顔で控室のイスに座った。今年初めて開催された「現役ドラフト」は大成功だ。ソフトバンクから早大の後輩・大竹耕を獲得。意中の“ドラ1”のゲットに自然と表情がほころんだ。

 「左の先発というのも少なかったし、いい選手が取れたと思っているよ。(自分の)意向というか、そりゃ当然。その(メンバーの)中で“ああ、これやったら大竹欲しい”ってね。一番欲しかった?そうそうそう。俺んとこに関してはな」

 4番を打った実績のある陽川を放出してまで獲得した左腕だ。当然、期待は大きい。現状、先発ローテの左腕は伊藤将だけ。今季セットアッパーを務めた岩貞を先発再転向させたチーム事情が物語るように、新指揮官は先発左腕の出現を心待ちにしている。

 「野手よりもピッチャーは何人おってもええし。ましてや左で先発ができる。その辺がマッチしたけどな」

 面識こそないが、母校・早大から初めて育成ドラフトで入団して以降、気にかけてきた。大竹耕は1年目の18年に支配下登録を勝ち取り、3勝をマーク。翌19年も5勝を挙げた。ここ2年は1軍未勝利に終わっているが、今季ウエスタン14試合で4勝1敗、防御率2・87。岡田監督も「最後2軍のゲームで見た」と語り、先発ローテを争えると判断した。

 心機一転、大竹耕は新天地での活躍を誓う。「大した実績がなかった僕の可能性を見いだし、プロ野球選手にしてくれたホークスには感謝してもしきれません」。そう語った上で、高校時代に2度出場し、計4試合に登板した甲子園のマウンドへ決意を込める。

 「選手としてはひと花咲かせようという気持ちになっています。阪神はファンが熱いチーム。伝統もあり、甲子園球場で投げられると思うと、今から気が引き締まります」

 甲子園クラブハウスからリモート参加した「現役ドラフト」。岡田監督にとっても初体験だったが、運命の糸はかわいい後輩と結ばれていた。来季、18年ぶりの“アレ”へ貴重な1ピースを獲得した。

 

 ◆大竹耕太郎(おおたけ・こうたろう)1995年6月29日生まれ、27歳。熊本県出身。184センチ、87キロ。左投げ左打ち。投手。済々黌では12年夏、13年春とも甲子園3回戦進出。12年夏は藤浪晋太郎のいた大阪桐蔭に敗れる。早大を経て17年度育成ドラフト4位でソフトバンク入団。18年7月30日に支配下登録。同8月1日・西武戦で育成出身者史上初の初登板初先発初勝利。

 

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事はデイリースポーツで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です