いざ下克上へ!CS開幕へ矢野監督が豊富を語る

いざ下克上へ!CS開幕へ矢野監督が豊富を語る

投稿者:

矢野監督にとって、最後の戦いの幕が切って落とされます。相手は今シーズンずっとカモにされてしまったベイスターズ。下剋上を果たすためにはうってつけの対戦カードです。先発はエース青柳、万全を期しての先発マウンドとなります。超短期決戦、なんとしてでも先制点を奪いたい!

【虎将トーク】8日開幕CS前に阪神・矢野監督は「どれだけ楽しめるか。そういうところは僕たちのポイント」
サンケイスポーツより)

阪神・矢野耀大監督(53)が7日、オンラインで行われた「2022 JERA クライマックスシリーズ セ」の共同会見に出席した。DeNAと敵地で対戦する8日開幕のクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージを前に、意気込みを示した。矢野監督の一問一答は以下の通り。

「まずは今シーズンもコロナ禍でのシーズンになりましたが、たくさんの方々のお力添え、ご協力があった中で、143試合やらせていただいたことに感謝申し上げます。そしてJERA様にはセ・リーグのオフィシャルスポンサーとして、このクライマックスもJERAクライマックス・セとして、引き続き応援していただけること、感謝申し上げます。ありがとうございます」

(続けて)

「今年のシーズンを振り返るとですね、本当にうまくいかない、苦しい、そういうシーズンでした。その中でも最後、粘りに粘り、このクライマックスで、もう一回のチャンスを、選手たちが作ってくれました。僕は理想と夢を語り、この4年、やってきました。その戦いを、このクライマックスでも引き続き、選手たちが見せてくれると思いますし、僕も熱い思いを持って、クライマックスで、また挑戦できることをうれしく思っています」

 

(さらに続けて)

「そして、その戦いがプロ野球ファン、タイガースファン、そして、野球をやる子どもたちに、僕たちの戦いから、かっこいいなとか、あこがれられるような、そういうものが伝わると信じて、あしたから、3位からですけど挑戦していきたいなと思っています。僕自身もこの時間を味わいながら楽しみながら、精いっぱいやっていきます。どうぞよろしくお願いいたします」

ーー予告先発

「タイガースは青柳で行きます。2年連続ね、タイトルも取ってくれましたし、青柳自身、うまくいかないときから、よくここまできてくれたな、という思いもありますし、やっぱりこの試合、青柳に任せたい、と思わせてくれるような投手なので、あしたは青柳に思いっきり躍動して、強気で向かっていくピッチングをしてくれると思うので、僕自身も青柳で楽しみにしております」

ーー相手の印象

「ベイスターズさんは打線は元々、やっていてすごくいやだな、どこからでもホームランが出たりつながったり、控えの選手もレベルの高い選手が多くいますので、すごくやっていて嫌だなと思うところから、三浦監督になって投手陣を、すごくバランスよく、整えてこられたなというところは戦いながら感じていました。僕たちとしては、接戦でどれだけ面白くできるか、というところが大事になってくるかなと思っています」

 

(続けて)

「そしてヤクルトスワローズはベテラン、若手、中堅、本当にバランスよく、また外からみていても、チームワークのいいチームだなと思っていました。連覇というのは簡単なことではないですし、1年間通して、一番上に立つのは、本当に難しいこと。連覇したというのはチーム全体として素晴らしいなと思っていますし、同じ監督の立場として、高津監督すごいなと思っております。でもね、すごいなと思っていてもダメなので、高津監督ともう一回やれるようにね、僕たちは戦っていきたいと思いますし、それを励みに僕も頑張っていきたいと思っております」

ーーCSに向けての重点的な取り組み、勝つためのポイント

「今から特別、大きく変えられることって、そんなに大きくないと思うので。でも、まずは相手に勝たないとダメなんですけど、自分たちがどういう戦いをするかの方が大事だと思っていますし、自分たちの長所、また、どういう野球をするか、そういうところはチーム全体、選手はすごく理解してくれていますので、苦しい試合になると思いますけど、その中でどれだけ楽しめるか。そういうところは僕たちのポイント、また、僕たちのやってきた野球になると思うので、そういう野球をしていきます」

 

ーーチームのキーマン

「近本が横にいるので近本って言いたいんですけど(笑)。中野も大事かなと思っています。やはりウチは足を使えるチームだと思っていますので、やっぱり中野が出たあとの近本、クリーンアップが相手にとって嫌なとこだと思うので、中野と近本です」

ーーファンへ

「今シーズン、甲子園にも12球団で一番多く、タイガースファンの方に来ていただきました。おそらくビジターでも日本一多く来てもらっているのはタイガースかなと思っています。その気持ちに応えるようなこのJERA クライマックス セにしていきますので、最後まで僕たちと一緒に戦ってください。お願いします」

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事はサンケイスポーツで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です