大山&テル&ミエセス競演弾で快勝!!

大山&テル&ミエセス競演弾で快勝!!

投稿者:

大山が、サトテルが、そしてこの日1軍デビューを果たしたミエセスが、次々と豪快なホームランをかっ飛ばしてくれました!投げては先発・大竹が圧巻のピッチングで堂々4勝目。さあ、チームは勢いに乗ってきましたね!

大山&佐藤輝アベック弾にミエセスも! 岡田監督「チームにとっても大きい一発よ」
東スポWEBより)

阪神は5日の広島戦(マツダ)に5―0で零封勝ち。貯金を今季最多の5とした。

 序盤から攻撃陣の〝役者〟たちが気を吐いた。まずは4番・大山。初回二死一塁から広島先発・遠藤の直球を完璧に捉え、左翼席に先制の3号2ラン。「しっかりと自分のスイングができました。まずは先に点を取ることができてよかった」(大山)と試合の主導権をたぐり寄せる。

 3回にはもう一人の主砲・佐藤輝も続いた。二死一塁から遠藤の直球を再び左翼席へ。逆方向への今季4号2ランに「大山さんが打線に勢いをつけてくれているので、僕もその流れに乗ることができてよかった」とOSそろい踏みで序盤に一挙4点を奪った。

さらには6回にはこの日「6番・右翼」で一軍デビューした新助っ人・ミエセスも即、結果で応えた。3番手・塹江からダメ押しの来日1号。「チームメイトのみんなに祝福してもらえてすごくうれしいよ。これからもっと打てるように頑張りたいね」と笑顔だ。

 4~6番の全員が左翼席にアーチをかける展開に、岡田彰布監督(65)も「それはもう得点圏(で多く回ってくることが多い打者)やからな」とニンマリだ。

 新外国人・ミエセスについても「最初は力んでもうてたけど(笑い)練習の時から気合入りすぎて、だから『あんま気合入れるな』って言うたんやけどな(笑い)。チームにとっても大きい一発よ」と、打線にさらに厚みができそうな気配に終始、ご機嫌だった。

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事は東スポWEBで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です