サトテル、日本シリーズでの吉田正サヨナラ弾に刺激

サトテル、日本シリーズでの吉田正サヨナラ弾に刺激

投稿者:

日本シリーズで、劇的なサヨナラHRを放ったオリックスの吉田正。観る者すべてを魅了する素晴らしいスイングに、サトテルも大いに刺激を受けた様子です。ワンチャンスを逃さず仕留める迫力を、ぜひ身につけて不動の主砲となってほしいですね。

佐藤輝明が“超人仲間”吉田正尚のえぐい劇弾に刺激「1球で仕留めるのはさすが」
日刊スポーツより)

吉田正魂、受け継ぎます! 阪神佐藤輝明内野手(23)が“超人仲間”のオリックス吉田正尚外野手(29)の劇的サヨナラ弾に刺激をもらった。27日のヤクルトとの日本シリーズ第5戦はテレビに釘づけ。「格好いいっす」と大興奮で、VTRを見るような2発のフォームに「再現性の高さ」を学んだ。近大の先輩・糸井の紹介で昨オフから合同自主トレする間柄。吉田正先生から来季量産のヒントをもらい、決意は新ただ。

佐藤輝はオリックスのハーパーこと吉田正の劇的すぎる1発に目を輝かせた。「(和製)プライス・ハーパー。えぐいっすね。見てましたけど、格好いいっす!」。27日のヤクルトとの日本シリーズ第5戦。土壇場9回に追いつき、最後は吉田正が右翼5階席まで飛ばす特大サヨナラ弾で試合を決めた。メジャー屈指の長距離砲に負けじ劣らず。まさに4番の一振りに一夜明けても大興奮だった。

「あの1球で仕留めるのはさすがだなと思います」。Instagramのストーリー機能では、1本目の中越え勝ち越しソロの時「(糸井)先輩の解説、めっちゃ好きやわー笑 ナイスホームランです!」と解説を務めた糸井への感想も交えて投稿。サヨナラ勝ちを決めた直後にも「Japanese Bryce Harper」と連投するなど釘づけだった。

吉田正との出会いは同じ超人つながりの近大の先輩・糸井の紹介だった。糸井の誘いでソフトバンク柳田らを含む自主トレ仲間の「超人軍団」に1年目オフからメンバー入り。打撃練習やトレーニング姿を見て、超人の実力を肌で実感。同じ左のスラッガーとして、あこがれで目標の存在になっている。そして前夜も、“生きた教材”に学んだ。

「再現性が高い。昨日もそうでしたけど、全部芯で、1球で捉えられる。あれだけ率が残せて、やっぱりすごいなと思います」。

5回のソロも9回のサヨナラ弾もVTRを見ているような完ぺきなフルスイング。しかもパワープラス、1球で仕留める確実性もある。来季に向けて打球を飛ばすフォームを目指す佐藤輝にとって、お宝の参考ポイントがぎっしりだった。

受けた刺激をそのままに、この日、甲子園で行われた秋季練習のフリー打撃では、ひときわ力強く右翼へ飛ばした。「ホームラン数も減ったし、もっともっと打ちたい」。11月上旬には侍ジャパン強化試合が控える。吉田正のように、ロマンあふれるアーチを描き、来年3月のWBCのメンバー入りを目指す意気込みだ。

 

〇…阪神岡田監督がサンテレビの「熱血! タイガース党」に生出演した。来季の4番について「まだ決めていないが、大山、佐藤輝のどちらか」と明言。2番、3番の右、左の兼ね合いもあるとしながらも「チームのみんなが4番はこの選手だと認める選手になっていくと思う」と話した。守備面では「センターラインを固めたい」と話し、今季正遊撃手の中野については「中野のバットは必要だからね。ちょっと肩とかね」と、二塁転向も考えているようす。遊撃は守備重視で強肩の小幡を候補に挙げた。

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事は日刊スポーツで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です