ロハス&ロドリゲスのアベック弾、糸原の好守で逆転勝利!

ロハス&ロドリゲスのアベック弾、糸原の好守で逆転勝利!

投稿者:

前夜の嫌な負け方を払拭する、本当に素晴らしい逆転勝利で今季初めてカープに勝ち越したカードとなりました。劣勢の中での助っ人勢の連続弾、そして大ピンチの場面で糸原が見せたメジャー級のグラブトス。嶋田の好調ぶりに近本も本調子に戻ってきて、強いタイガースの試合を見せてもらいました!

矢野燿大監督「1勝以上の価値がある1勝。全員がヒーロー」助っ人連発で3点差追いつき8回島田が決勝打
スポーツ報知より)

◆JERAセ・リーグ 広島5―7阪神(7日・マツダスタジアム)

 阪神が今季初の広島戦カード勝ち越しを決めた。5回にロドリゲスの2号2ランとロハスの6号ソロで同点に追い付き、8回に島田が決勝二塁打。10カード連続負け越しなしで貯金を今季最多タイの3とし、負けたヤクルトとのゲーム差を8・5に縮めた。

 以下は、矢野燿大監督の一問一答。

―島田が決勝打

「島田っていうか、きょうはみんなでしょ。誰かがどうっていうことじゃなくて、全員が昨日の試合の展開から、きょうの試合の流れを考えたら、よう勝ってくれたし。1勝以上の価値がある1勝だと思う。誰かがどうっていう…。みんなが頑張らんと勝てない試合だから。全員がヒーローだと思う」

―劣勢のなかで、助っ人2人の本塁打で同点に

「(ロドリゲスは)いいホームランで。ちょっと向こうの流れになりかけて、こっちに呼び戻すっていうようなホームランだった。ジュニア(ロハス)のホームランも、あそこでホームラン打ってくれたらって、誰もが思うような場面で、同点のホームランやったから。相手に与える影響もあったと思います」

―7回1死一、二塁から糸原が好守で二塁封殺

「健斗(糸原)もよういった。俺もいっぱいありすぎて、何がどうってちょとあれやけど。(中前に抜けそうな打球を)止めるだけでもナイスプレーやのに、アウトにしてくれたっていうのが、もっと大きかった。あれもめちゃくちゃでかいプレーやったし。サダ(岩貞)も粘ってくれたしね」

―梅野の状態が上がり、下位打線に厚みが増してきた

「下位から上位に回れば1点じゃなくて、2点、3点ってチャンスが広がる。得点能力っていうのはウチの課題の一つでもある。全員で点を取るというところでは、リュウ(梅野)もそうやし、外国人が打ってくれるっていうのが、得点力が上がる要素になっていくんで」

―継投パターンの変化は、連投状況を見て

「スグル(岩崎)はきょう使う気なかったんで、そういうところではケラーも最近いいボールを投げていたし。一回、こういうところで、本当はコロナじゃなかったらもうちょっと早い時でもそういうことを考えてはいたんだけど。まあそれくらいいいボールになり始めているので。スグルも昨日頑張ってくれて、きょうもというわけには。ちょっと休む方がいいなと思って使うつもりはなかった。そういう流れの中で、ケラーもしっかりいってくれたのはまたプラスアルファの要素ができて、いろんなオプションも使えるし」

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事はスポーツ報知で!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です