いざ、船出。新人6選手が虎風荘へ入寮

いざ、船出。新人6選手が虎風荘へ入寮

投稿者:

たくさんの希望を胸に、新人6選手が虎風荘へ入寮しました。この中でプロの世界で長く活躍できるのは一体誰なのか・・・厳しいプロの世界へ飛び込んだ若虎達を、全力で応援しましょう!

新人選手が「虎風荘」に入寮 思い出の品を持ってプロへの一歩を踏み出す
スポーツ報知より)

阪神の新人 選手が6日、兵庫・西宮市内の「虎風荘」に入寮した。

 ドラフト3位の井坪陽生外野手=関東第一=は2枚の色紙を持って入寮。小さい頃からともに野球をやっていた仲間や、地元・八王子市の友だちからサプライズでもらい、「自分の技術向上を一番に、体つくり、土台作りをしっかりやりたい」と意気込んだ。

 ドラフト4位の茨木秀俊投手=帝京長岡=も色紙を持ち込み、「いつも目に入るところに置いて、みんなが応援してくれてるという気持ちを持って日々生活していきたい」と笑みを浮かべた。

 ドラフト5位の戸井零士内野手=天理=はチームメートからもらった写真入りのメッセージボードを手に、「自分たちの代のテーマが『つなぐ』だったので、この言葉をプロに入っても守ってやっていきたい」と目を輝かせた。また、「忍耐 苦しまずして栄光なし」と刺しゅうされたグラブも持ちこんだ。

 ドラフト6位の富田蓮投手=三菱自動車岡崎=は社会人の公式戦で使用するユニホームを手に入寮。メッセージも書かれており、左腕は「3年間このユニホームを着てきて、悔しい思い出がたくさんあるけど、このユニホームを見て今後は頑張っていきたい」と鼻息を荒くした。

 育成ドラフト1位の野口恭佑外野手=九産大=はトレーニングルームがあるにも関わらず、「必要というか、常に鍛えていたい」とダンベルを持参した。



————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事はスポーツ報知で!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です