“岡田流”でチームの雰囲気を引き締める?

“岡田流”でチームの雰囲気を引き締める?

投稿者:

“虎メダル”も今季限りかー。岡田新監督の考え方をよく知るマスメディアからは、来季のチーム作りは厳しい空気の中で行われていくだろうと予想されています。矢野監督は選手達を伸び伸びとプレーさせることに腐心してきましたが、大きく舵取りをすることになりそうです。虎キチの願いはただ1つ、強くなること。そのための手段がどうであれ、今季よりももっといい結果を出してほしいですね。

岡田次期監督なら雰囲気一変 笑顔、虎メダル、身だしなみ「緩さ」撤廃 阪神番が占う心の内
デイリースポーツより)

阪神第35代監督に岡田彰布氏(64)の就任が内定した。オリックス監督時代の2012年は担当記者として密着し、16年と今年はデイリースポーツ評論家の岡田氏に付いたデイリースポーツプロ野球デスクの西岡誠(41)が『岡田の心』と題し、18年ぶりのリーグ優勝を狙う来季の岡田野球を4回掲載で占う。第3回は「チーム作り」編。

 来季から阪神の雰囲気は一変するだろう。

 矢野監督は選手ファースト。個人の可能性を広げる意図で、複数でのポジション起用を続け、試合では選手を信じて任せる場面が多かった。「超積極的」、「諦めない」、「誰かを喜ばせる」を掲げ、明るく前向きに、楽しむことをモットーとした。

 岡田氏の考えは対極にある。大前提は「1軍は勝たないといけない」。語弊を恐れずに言えば選手は「駒」。指揮官はチームの勝利のために選手を動かす、という考え方だ。

 監督にはそれぞれの考えがあるため、善しあしは別として、方針が変わればチームも変わる。岡田氏は今の阪神に「緩さを感じる」と話してきた。全員が目指す勝利のために、まずはチーム内に変化を求めるはずだ。

 ベンチで笑っている選手がテレビ画面に映ると、「試合に勝ったら、なんぼでも笑ったらええよ。でも、試合中に笑う必要はない」と言った。佐藤輝がユニホームの第1ボタンを留めずにプレーしていることには「ユニホームは戦闘服やのになあ。先輩も留めてるのに、誰も何も言わへんのかな」。わずかな部分からもチーム状況を推察していた。

 本塁打が出た後、ベンチ前で選手に掛けられた虎メダルもなくなるのではないか。「選手にメダルを掛ける時間があれば、俺は次のことを考えるな」。チーム内の状況を確認してからになるが、同じ方向を向いて戦うために改革に着手していくだろう。

 指揮官としての考え方は、現場を離れてからも一切ぶれていない。オリックスの監督だった2010年。開幕戦でスタメン表に名前を記入後、「4番・DH」のカブレラが「DHではなく、守備に就きたい」と言い出した。すると、先発外しを即決。誰であろうとチームの和を乱す言動は許さない。

 継投一つにも気を使う。「負けてる展開でも、選手は『何でこいつを投げさせるんや?』というのは感じるで。試合を捨てたんかって」。先導役として、チームの導き方には細心の注意を払う。全ては勝利を目指し、同じ方向を向いて戦うためだ。

 ファンあってのプロ野球。岡田氏は甲子園のスタンドを眺めながら「毎試合、こんだけのお客さんが来てくれてるんやで」と何度も後押しのありがたさを口にしていた。ファンサービスの重要性を感じる中で、一番重視するのがグラウンドでのパフォーマンス。ひたむきに勝利を目指すチームを作り上げ、ファンへの恩返しを果たす。

 

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事はデイリースポーツで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です