サトテル黄信号!?岡田監督からスタメン白紙発言

投稿者:

侍ジャパンにも選出されたサトテルに、岡田監督が及第点どころかダメ出し連発です。ルーキー時代からステップアップできていないというコメントは、本人にとってもつらいはずです。しかし、それだけ課題があるということは、まだまだ成長の余地がある証拠。たくさん練習して頑張ってほしいですね。

岡田彰布監督、佐藤輝にダメ出し連発で三塁全試合固定を撤回「分からん分からん、ほんまに」
スポーツ報知より)

阪神・岡田彰布監督(64)が12日、佐藤輝明内野手(23)に痛烈なダメ出しを連発した。侍ジャパン強化試合の代表メンバーだった若き大砲が高知・秋季キャンプに合流。指揮官はグラウンドでの練習を見届けた後、就任直後から明言してきた佐藤輝のシーズン全試合三塁固定を撤回した。

 「そういう予定やったけどな、きょうの動き見とったら分からへん。いや、分からん分からん、ほんまに」

 衝撃のレギュラーはく奪をほのめかした理由は練習に対する意識と体力不足だ。「やっぱり練習できなあかんよ。下半身やなあ。打撃も守備も」と指摘。フリー打撃で左翼へこすった飛球も多く、「違うと思うなあ」と首をひねった。同じ合流組の中野は「意欲があるやんか。ちゃんと打ってた」と映っただけに、苦言を呈さずにはいられなかった。

 「(打撃は)本人が他の選手と比較して、打球の勢いとか“これじゃあかん”と思うと思うよ。守備でも1人、(悪く)目立つやろ。素人が見ても分かるで」

 打撃フォームの直接指導も「そないしてする段階じゃない」とピシャリ。コーチ陣にスタンスを広げる必要性に加え「バットのグリップも高いまま」と改善点を共有するにとどめた。

 「(プロに)入ってきた時が一番良かったんちゃう? 時間かかるよ。自覚を持ってやるかやと思うで。最終的には本人。オフは大事やな。はっきり言うて」

 左打者では、史上初の新人から2年連続20本塁打以上を放ったが、ポテンシャルはそんなものじゃない。真の主砲へ、殻を破れるかは本人次第。期待するからこそ、岡田監督は心を鬼にした。

■「しっかり運ぶ感じ」逆方向意識で“村上打法”習得だ

 〇…佐藤輝はキャンプで“村上打法”習得に励む。侍ジャパンでともに戦ったヤクルト・村上の姿に触発され、打撃練習は「しっかり運ぶ感じ」と逆方向を意識。ランチ特打とフリー打撃を合わせ、245スイング中74本を中堅から左方向へ打ち返した。下半身強化のため、三塁でのノック後には股割り特訓。「きついっすよ」と苦悶の表情を浮かべながら「全部鍛えます!」と意気込んでいた。

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事はスポーツ報知で!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です