野球界へ恩返しを!矢野前監督が描く次の夢

野球界へ恩返しを!矢野前監督が描く次の夢

投稿者:

監督を退任したばかりの矢野前監督ですが、野球への情熱が色褪せることはないようです。これまでお世話になってきた野球界への恩返しを、子供たちへの指導を通して実現したいという新たな夢を語ってくれました。ぜひ未来の名選手を育ててほしいですね!

矢野燿大前監督 学生指導へ資格回復に動く「僕の根本は少年野球にあったんですよ」
スポーツ報知より)

昨季まで阪神の監督を務めた矢野燿大氏が、同球団OB・川藤幸三氏のYouTubeチャンネル「川藤部屋」に出演。自身の今後の〝ライフプラン〟について語った。

「子供たちの野球に危機感を感じている。野球界に恩返しをしたい」と語る矢野前監督は現在、学生野球資格回復に動いているとのこと。

「僕の根本は少年野球にあったんですよ。子供たちが生き生きと野球を楽しんで、そこから学んでもらいたい。初球を打ち上げてフライアウトになったら『お前、初球打ってそんなんか!』(と指導者から怒声を浴びる)ってのが、すごく嫌なんですよ。子供たちが次に(初球を)振れなくなってしまう選択を(指導者たちが)してしまっている。『オマエよく初球を振っていったな! 次はセンターに放り込むぞ。次も初球から絶対いくぞ!』という野球界に変わっていけば、子供たちも生き生きするでしょうし、楽しくなると思うんですよ」と自身の思い描く球界の未来を語った。

「イチローだって4000本もヒットを打ったけど、1400くらい三振してるんですよ。あれだけ素晴らしい選手でもね。失敗しないと成長は絶対ない。その次にどうやるか、どう前に向かすかというのが僕ら(指導者)の仕事。失敗は最高なんですよ。甲子園に出ることも今勝つことも大事。でも、野球を通してそこから先の人生のためになることを伝えられたらいい」(矢野前監督)

「矢野自身の腹の中は死ぬまで一緒やな! 野球から離れることはないな!」とホスト役の川藤氏からゲキを飛ばされ「好きなゴルフや釣りもやりたい。コロナ禍で食事にも行けなかったし、会いたい人もたくさんいる。でも、根本は野球に恩返しというか、そこに気付いてもらいたいというのは変わりない」と表情をほころばせる。

 最後は「川藤さんは毎日球場に来ていただいて。あれはすごいと思いますよ。川藤さんには何を言われても仕方ないなと思います」と〝浪花の春団治〟へ最大限の敬意を表した。

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事はスポーツ報知で!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です