迫力満点!新外国人・ミエセスの実力は如何に!?

迫力満点!新外国人・ミエセスの実力は如何に!?

投稿者:

来季入団の決まったミエセス選手について、岡田監督はその底知れぬパワーに大きな期待を寄せています。早く日本の野球に順応して実力を発揮できれば、甲子園を沸かせるスターとなってくれるかもしれませんね。楽しみな存在です。


岡田監督もビックリ! 阪神の“格安助っ人”ミエセスは「掘り出し物」かもしれない
日刊ゲンダイDIGITALより)

「ビックリした。ウォーカー以上。迫力あるで」

 阪神の岡田彰布監督(65)は、今季23本塁打を放った巨人の助っ人を引き合いに、こう評した。

 1年50万ドル(約6800万円)で獲得した新助っ人のヨハン・ミエセス外野手(27=レッドソックス3A)のことだ。

メジャー経験はないものの、今季はレッドソックス3Aで60試合に出場し、打率.271、12本塁打、35打点、出塁率.387、OPS.923をマーク。185センチ、120キロの巨漢で、昨夏の東京五輪ではドミニカ共和国代表として銅メダルに貢献。3位決定戦の韓国戦で、元阪神の呉昇桓から左翼へ特大アーチを放った。大リーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏が言う。

「以前は大振りで三振が多かったが、近年は四球数が増え、出塁率がアップ。相手投手の左右は苦にしないし、今季の得点圏打率も.316。特に七回以降の終盤に強い(打率.417)。成績だけを見ればメジャーから声がかかってもおかしくなかったが、120キロの体重や、マイナー通算626試合で守備率.967と低いことがネックになったのかもしれない。レッドソックスのスカウティングリポートによると、守備については『かなりの強肩だが、普段のルーティンプレーでミスをする。送球判断もイマイチ』とある。年齢的にも27歳と中堅の域に入り、適齢期を過ぎたとみなされた可能性もあります」

 しかし、日本で化ける要素はあるという。

「打撃に関しては、パワーは『メジャーの平均以上』。タイミングを取るのがうまく、緩急への対応力もありそうです。日本の投手は外国人選手に対し、外角へのスライダーなど、左右の変化で揺さぶる傾向がある。こうした攻めに慣れれば、広い甲子園球場でも20本塁打を打つ可能性はあるでしょう」(友成那智氏)

 岡田監督が拙守に目を瞑って我慢強く起用すれば、チームに不可欠な存在になるかもしれない。

 

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事は日刊ゲンダイDIGITALで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です