熊谷がバットで魅せた!痛快サヨナラ勝ちで3連勝!

熊谷がバットで魅せた!痛快サヨナラ勝ちで3連勝!

投稿者:

足のスペシャリストとして代走起用が主だった熊谷に、11回裏2アウト2,3塁という絶好のチャンスが巡ってきた時に、正直こんな最高の結果を予想できた虎キチは少なかったのではないでしょうか。TORACO DAYでたくさんの虎ガールが来場した超満員の甲子園が、イケメンの大活躍に熱狂しました!

阪神・熊谷 サヨナラ打!痛快プロ初の大仕事「いい意味で期待裏切ったかな」
デイリースポーツより)

 「阪神6-5中日」(26日、甲子園球場)

 4時間16分の激闘に終止符を打った痛快な暑気払いだ。阪神・熊谷敬宥内野手(26)が延長十一回2死二、三塁から、中越えにプロ入り初となるサヨナラ打。今季2度目のサヨナラ勝ちで3連勝を飾った。チームは今季初の5試合連続2桁安打と上昇気配。トラはもっと熱くなる!

 「TORACO DAY」にふさわしい、チームきっての男前が甲子園を沸かせた。一塁を回った熊谷が両手を挙げながら、ベンチから飛び出す仲間を迎える。次から次へと祝福のウオーターシャワーを浴びせられると、端正なマスクをくしゃくしゃにして喜びを爆発させた。

 “走りのスペシャリスト”が打撃で魅せた。八回に糸原の代走として登場。5-5の同点で迎えた延長十一回に、これでもかという見せ場で打席に立つ。目の前で大山が申告敬遠され、2死二、三塁と絶好のサヨナラ機。もう野手はベンチに長坂しか残っていない。

 「本当に無我夢中だったんで、何が起こったか覚えてないんです」。山本が投じた高めへの直球にバットを出すと、打球はぐんぐんと伸びて中堅・加藤翔の頭上を越えた。プロ入り初のサヨナラ打。4万2000人を超える観衆を抱えた聖地のスタンドが揺れた。

 ここぞの場面で“秘打”がさく裂だ。子供の頃から読みあさったのが、日本を代表する野球漫画『ドカベン』。「僕も体が大きくないですし、内野手で、走れて秘打も打てる。憧れでしたね」。同じ背番号4も背負い、「白鳥の湖」などのトリッキーな“秘打”を繰り出す、二塁の名手・殿馬に魅せられた。

 「殿馬みたいな選手になれたらいいですけど…。打つことが課題なので、まずはしっかりと打てるように頑張りたい」。昨オフには殿馬をほうふつとさせる広島・菊池涼に弟子入りする形で、合同自主トレに参加。打撃では師匠そっくりのフォームに変えた。

 それでも、今季の打率は1割台前半。お立ち台では「多分ここにいる人たちは、まさか僕が打つとは思っていなかったと思うので…いい意味で期待を裏切ったかな」と笑わせた。11日のオリックス戦では代走として“神走塁”を見せて、初のお立ち台に上ったばかり。今度は課題の打撃でヒーローになった。

 「なかなか打席に立つ数は少ないですけど、その中でもアピールしていかないとレギュラーにはたどり着けない。本当に今日の一本はよかった」。チームは3連勝で、最多16もあった借金は4まで減った。大山、佐藤輝らの主力だけではない。伏兵・熊谷の躍動が、今の矢野阪神の勢いを際立たせた。

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事はデイリースポーツで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です