“ミエちゃん劇場”大活躍で5連勝を演出!

“ミエちゃん劇場”大活躍で5連勝を演出!

投稿者:

助っ人・ミエセス選手が攻守に躍動しチーム5連勝に大きく貢献しました。陽性のキャラもチームメイトから愛される存在になっているようです。必死にプレーする姿にも好感が持てますね。今後の活躍にも期待大です!

阪神・岡田監督の予言的中 ミエセスの“あっち向いてホイV打” 自己最多2打点&守備でもハッスル
スポーツニッポンより)

顔は左翼を向いて、打球は一、二塁間へ飛んだ。初回2死満塁で阪神・ミエセスが福谷の真ん中ストレートを右前打。しぶい先制打。思い切り引っ張ったつもりが、完全な振り遅れだった。来日初の決勝打には「大振りにならないようにいったよ」と喜ぶ助っ人の横で、岡田監督もニンマリだ。

 豊橋市民球場は両翼93メートル、中堅115メートルと決して広くはないため、岡田監督は「そらミエちゃんいかなアカンな。あっち向いてホイでも入るやん」と2戦ぶりに「6番・右翼」に指名。スタンドインこそ見られなかったものの視線と打球が正反対の“あっち向いてV打”は期待どおりだった。

 1点優勢の6回1死満塁でも勝野の真っすぐを三塁ゴロ。これがボテボテとなったのが功を奏して三塁走者を生還させた。これで来日初の複数打点。「打撃の状態は悪くはないが、まだまだ途上過程だと思う」。食らいついてバットに当てたこの一打にも、指揮官は「しぶとくな、ああいう一打は大きいよ」と高く評価した。

 右翼の守備でも5回、1死一塁で大島が放ったライナー性を前進してダイビング。少し届かなかったがワンバウンドでグラブに収め、後ろにそらさなかった。“捕ったぞ”とグラブを掲げて捕球をアピールするなど必死さが伝わってきた。

 さらに5回2死一、二塁でも細川の3球目の右翼ファウルゾーンへの飛球を追いかけて、フェンスへの衝突をよけるためにスライディング。これが背中まで土につけて1メートル85、120キロの巨体があおむけに寝そべった格好に…。ファンはこの助っ人を見ていると楽しい。豊橋は、まさに攻守でミエちゃん劇場だった。

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事はスポーツニッポンで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です