「闘争心は消えない」糸井が後半戦見据え登録抹消へ

「闘争心は消えない」糸井が後半戦見据え登録抹消へ

投稿者:

勝負の後半戦を見据え、矢野監督が糸井と話し合った上で出場選手登録を抹消する決断をしました。ペナントレース終盤、ここぞという場面で活躍してもらうために、今は英気を養い、そして2軍で実践感覚を研ぎ澄ましてほしいですね。復帰の瞬間を、今から心待ちにしています!

糸井嘉男抹消「後半戦スタートの時には戻ってきてもらう」話し合いした矢野監督明かす
日刊スポーツより)

阪神糸井嘉男外野手(40)が18日、出場選手登録を抹消された。

プロ19年目の今季は58試合出場で打率2割2分5厘、3本塁打、22打点。ただ、7月の出番は2試合だけ。7月7日以来、出場機会から遠ざかっていた。17日の中日戦後には自身のツイッターに「みんな頑張ってね See You Again #闘争心は消えない」と投稿。2軍戦で実戦勘を取り戻した後、球宴明けに1軍復帰する見込みだ。

矢野監督は本人と話し合いの場を持ったことを明かした上で「嘉男はどうしても最後のいいところで(代打出場)となっちゃうと、試合で(打席に)立つ機会がなかった。それだったら打席に立って、いろいろ試して後半戦に備えた方がいい。後半戦のスタートの時には戻ってきてもらう」と強調。上位進出へ欠かせない存在だけに、早い段階で状態良化のタイミングを与える。

 

○…矢野監督は好調の広島打線を警戒した。3連勝した前カードの巨人戦では、3試合連続の満塁弾が飛び出すなど打線が活発。新加入の秋山と今季初対戦にもなるが、指揮官は「誰か1人を抑えて勝てるわけじゃない。秋山にこだわるわけにはいかないし、前後のバッターも抑えないとダメ。いかに点を少なくってことを考えるだけ」と表情を引き締めた。

○…ルーキー桐敷は中継ぎにまわることが決まった。自身4度目の先発でプロ初勝利を狙ったが、広島戦は雨天中止。矢野監督は「これも巡り合わせやから(しょうがない)。でも、明日は中(中継ぎ)に入れようかなと思っている」と明かした。7日広島戦では負け投手にはなったが、5回1失点と力投。リリーフとして好投を続ければ、後半戦で再び先発のチャンスも巡ってきそうだ。

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事は日刊スポーツで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です