藤浪、MLBアスレチックスの入団会見

藤浪、MLBアスレチックスの入団会見

投稿者:

流暢な英語に、全国の虎キチ達が驚いたのではないでしょうか。晴れてアスレチックス入りとなった藤浪投手が、自らの言葉で全米ファンへ挨拶を行いました。ニックネームは“Fuji”。大活躍を願っています!

藤浪晋太郎が英語でアスレチックス入団会見「富士山のように、フジと呼んでください」とあいさつ
日刊スポーツより)

アスレチックスと契約した藤浪晋太郎投手(28)が17日(日本時間18日)、オークランド市内の球団事務所で入団会見を行った。1年契約で年俸は325万ドル(約4億3875万円)プラス100万ドル(約1億3500万円)のインセンティブ(出来高払い)と、最大425万ドル(約5億7375万円)までアップする好条件となった。

正式契約を終え、アスレチックスのユニホームに初めて袖を通した藤浪は、スムーズな英語で自らを紹介した。家族、阪神球団、アスレチックス、代理人のボラス氏ら周囲への感謝の思いを伝えたほか、「富士山のように、フジと呼んでください」とあいさつして笑いを誘った。アスレチックスを選んだ理由として「一番自分を高く評価して信頼してくれた」と説明した。また、同地区で戦うエンゼルス大谷について「世界最高の選手の1人。チャンスがあれば目いっぱい投げたい」と、抱負を口にした。

好条件で契約したものの、立場が保証されているわけではない。ただ、1年契約にしたのも自信の表れ。好結果を残してFAとなれば、来季以降、さらに大型契約が望める可能性もある。「速球とスプリットには自信があります」

アリゾナ州メサで行われるアスレチックスの春季キャンプは、バッテリー組は2月15日にスタート。わずか10日後の25日からは、先発ローテ入りをかけたオープン戦に突入する。「すごく感慨深いものがあります。期待と希望にあふれています」。会見を終えた藤浪の表情は、真っ青なカリフォルニアの空と同じように晴れ晴れとしていた。

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事は日刊スポーツで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です