新人7選手の合同自主トレがスタート!

新人7選手の合同自主トレがスタート!

投稿者:

希望に満ち溢れた新人たちの合同自主トレがスタートしました。森下はサトテルの新・相棒に立候補!?早く1軍で活躍できるように、しっかり鍛えてほしいですね。

ドラ1・森下翔太 MLB通の先輩・佐藤輝明の〝相棒〟志願「いろいろな話をしてみたい」
スポーツ報知より)

〝テルモリ砲〟が2023年の甲子園を熱くする――。阪神の新人合同自主トレが9日に兵庫・西宮市内の鳴尾浜球場でスタート。7人の金のタマゴが冬の青空の下、プロとしての第一歩を本格的に踏み出した。ドラフト1位ルーキーの森下翔太外野手(22=中大)も「緊張感もありますが、周囲とコミュニケーションを取りながら頑張っていきたい。春季キャンプやシーズンでパフォーマンスを発揮できるよう準備していきたい」と抱負を語った。

 右足のコンディション不良で別メニュースタートとなった森下だが、幸いにも軽傷とのことで今月内にも本隊合流が可能とのこと。視察に訪れた岡田監督も、一軍キャンプ(沖縄・宜野座)に森下を帯同する考えを示した上で「レベルの高いところで勝負してほしい」と期待を寄せる。

 そんな森下は大のMLBファンとかで「将来的には僕もメジャーに挑戦してみたい」と大きな夢を口にする。研究熱心も相まって、メジャーリーガーだけでなく、米大学球界の有望選手の映像まで独自入手して自身の参考にしているとのこと。2学年上のチームの主砲・佐藤輝明内野手(23)も大のメジャーファンとして有名なだけに「ぜひ、いろいろな話をしてみたい。自分の知らないことも知っていると思うので、そこはしっかり自分の技術として身につけたい」と語る。

 佐藤輝は昨季、ホームランを打った際に、チームメートの糸井嘉男氏とともに、米パドレスのタティス・ジュニアとマニー・マチャドのベンチパフォーマンスのモノマネを何度も披露。糸井氏は昨季限りで現役を引退してしまっただけに、森下は「佐藤輝さんと一緒にパフォーマンスを? やってみたいですね。僕もホームランはたくさん打ちたいと思っているので、パフォーマンスは考えていきたい」と佐藤輝の〝新相棒〟に名乗りを上げる。

 虎の背番号1と規格外男がアーチを積み重ねれば積み重ねるほど、岡田阪神悲願のアレも現実味を増す。そらもう今から楽しみよ。

 

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事はスポーツ報知で!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です