新助っ人・ブライアン・ケラー投手が初ブルペン

投稿者:

異国の地へも早々にアジャストできたのでしょう。新外国人のケラー投手が、来日初ブルペンで才能の片鱗を見せてくれました。甲子園のマウンドでも、無双状態になってくれることを期待したいですね。

B・ケラー初ブルペン 父直伝チェンジアップに岡田監督も注目「先発でやらしてもいい」
日刊スポーツより)

先発期待の新助っ人右腕、ブライアン・ケラー投手(28=レッドソックス3A)がベールを脱いだ。沖縄・宜野座キャンプ2日目の2日、来日初のブルペンで45球を投じ、「ボールの動き自体は良かった。新しい環境で、新しい捕手で、新しいブルペンでピッチングができて楽しかった」と満足げだった。

異国で日本のボールというハンデもものともせず、いきなり全開だった。最速149キロをマーク。1球ごとにトラックマンで数値を確認し、力強い投球を繰り返した。「自主トレでブルペンに入ってキャンプに臨むので、形としてはそんな変わらない」。日本式にも戸惑いなしを強調した。

変化球も織り交ぜ、カットボールやスライダーのほか、父直伝というチェンジアップも披露。「しっかりと手で握って、ちょっと内に少しひねるように投げています」。父から教わった握りをアレンジし、直球やスライダーとともに決め球にしている。岡田監督も「チェンジアップなんか、すごく投げよったな」と脳裏に焼き付いた様子だった。

一塁側プレートからインステップで投げるスタイルも大きな武器だ。米国時代の映像で確認していた指揮官も初めて生で確認し、「右(打者)は結構打ちづらいやろな」とにんまりだ。実戦についても「先発でやらしてもいいけどな。このキャンプ中にな」とデビュー計画を進める。背番号24の助っ人右腕も気合十分だ。「しっかりと練習を続けて、新しい環境も受け入れて、良い準備をして“アレ”に向けて頑張っていきたい」。同姓のカイル・ケラーに負けじと、ブライアン・ケラーが存在感を示す。

 

◆ブライアン・ケラー 1994年6月21日生まれ、米ウィスコンシン州出身。高校時代にはバスケットボールで州内大会優勝経験がある。ウィスコンシン大ミルウォーキー校から、16年ドラフト39巡目でヤンキースと契約。メジャー経験はなし。長い手を生かしたスリークオーターから、150キロ台中盤の速球を軸に投球を組み立てる。191センチ、91キロ。右投げ右打ち。

▼巨人樽見スコアラー(B・ケラーについて)「K・ケラーに似てる。球威もそこそこある。走っていたらどっちか分からないです」

▼広島岩本スコアラー(B・ケラーについて)「コントロールよく両サイドに投げられる。ストライクゾーンの中で勝負してくるんだと思う」

○…阪神の助っ人5人衆が節分の豆まきで“奮投“した。K・ケラーは来日2年目だが、昨年はキャンプ後の来日。初の豆まきに「楽しかった。投げられる側は痛いと思うのでそれは申し訳ない」と笑いを誘った。B・ケラーは「新しい文化に触れることができてよかった」と笑顔で話し、ビーズリーも「こういう文化に触れさせてもらい感謝しています」と大満足だった。

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事は日刊スポーツで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です