藤浪まさか・・・〝5回の悪夢〟大量失点でハマスタ7連敗

藤浪まさか・・・〝5回の悪夢〟大量失点でハマスタ7連敗

投稿者:

序盤の快勝ムードから一転、目も当てられない燦々たる状況になってしまいました。復調を誰もが信じていた先発の藤浪がまさかの2連続暴投、エラーに拙攻もたたっての大敗、鬼門となったハマスタで7連敗となってしまいました。優勝どころか、CS進出にも黄信号。立て直さなければ・・・。

藤浪が崩れ、緩慢プレー続出の〝魔の5回〟に矢野監督「使っている俺が悪い」
東スポWebより)

嗚呼、ハマスタ7連敗…。阪神は9日のDeNA戦(横浜)を2―9の逆転負けで落とした。

 序盤は2―1で主導権を握っていた展開も中盤5回に取り返しもつかないほどに一気に暗転した。それまで牧の一発の最少失点のみに封じていた先発・藤浪が、楠本、伊藤光の下位打線からの連打で走者と背負うと、突如、制球が乱れ出した。一死二、三塁で迎えた代打・オースティンの初球に暴投で2―2の同点、さらに3球目に再び暴投とまさかの形で2―3と逆転を許すと一気に、DeNA打線の猛攻にさらされた。

 その後も桑原、関根、佐野と敵の上位打線に3連打を浴び、2―5と突き放されたところで藤浪はKO降板。「なんとか粘りながら、もうひと踏ん張りしたかった」と自身通算1000奪三振を達成した節目の一戦で快投を演じる切ることはできなかった。

 チーム全体の緊張感がこれで途切れたのか、緩慢なプレーが飛び出した。なおも一死一、二塁のピンチで2番手・加治屋が敵の4番・牧に対峙した場面だ。

 初球から投手に加え、二遊間も二塁走者を警戒する素振りすらなく、無警戒。中野、木浪の二遊間ともに、二走のDeNA・関根のリード幅よりも遠い位置に、ポジション取りしていた。この三塁〝フリーパス〟状態を確認したDeNAサイドは続く2球目にダブルスチールを敢行し、難なく成功させた。併殺でピンチを脱出する可能性を自分たちの〝隙〟で消してしまった直後に、3球目を牧に右翼越えに運ばれ、さらに2失点。さらにこの回もう1点を失い、7安打を集められたこの回は1イニング7失点で今季ワーストの失点イニングとなった。

〝5回の悪夢〟に試合後の矢野燿大監督は、有走者の場面から一気に崩れた先発・藤浪について「ランナー出したところでどう粘れるか。よくなっているからこそ、そういうところをしのげるものがこれから必要」と奮起を求めた。

 一方で、起用法が結果的に裏目にも出た。1点を勝ち越された直後の佐野の左翼線への飛球は左翼で先発した助っ人ロハス・ジュニアの守備力が及ばず2点適時打となり、その後の大量失点も誘発する手痛い失点につながってしまった。試合後の指揮官は「使っている俺が悪い。そう受け止めています」と懺悔。不用意に先の塁を許した重盗についても「ピッチャーが一番ケアせなアカンけど、内野手とか、キャッチャーが。ピッチャーって(打者集中に)なりやすいのでね。そのケアっていうのがないのと、ああいうことになっちゃう」と反省を口にした。

「今日みたいな試合は見せたくない。この悔しさを持って、明日、どれだけやれるか」と最後は気丈に前を向いた矢野監督だが、DeNAとのゲーム差は5となり、2位でのシーズンフィニッシュが段々と厳しい状況になってきた。

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事は日刊スポーツで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です