岡田vs新井、来季は新監督対決が実現!

岡田vs新井、来季は新監督対決が実現!

投稿者:

かつて師弟関係だった2人が、新しく監督同士で対戦することになりました。お互いの性格を知っているというのが戦い方にどう影響するのかはわかりませんが、経験値では岡田監督に一日の長があります。かわいい教え子のためにも、全力で叩き潰してください!

阪神岡田監督、広島新井監督との「監督力勝負」望むところ 因縁ある指揮官他にも…
日刊スポーツより)

ファン感謝デーが終わり、2022年の行事は終了。ここから2カ月、ネタに困る日々が来る。

岡田新監督で大にぎわいの阪神だが、さすがに今後の2カ月は静かだろう。そんな時、離れたところから、阪神絡みの話題が届いた。それは広島から。新井新監督が来季のことを聞かれ、意識する球団に阪神を挙げたというもの。そらそうよ(岡田風ですみません)。新井も阪神OB。その中で岡田との関わりは浅くはない。

「あの岡田さんと対戦する…って、何か不思議な気持ち」的な発言があったとか。2008年、ふるさとの広島を涙で去り、FAで阪神にやってきた。金本とのコンビは人気を博し、すぐにタイガースの人気者になった。

ところがファンのみなさんはご存じの通り、新井は肝心なところでチームを離れている。独走状態のシーズン途中、北京五輪に参加して、そこで腰を骨折。チームに合流するも戦力に加われず、チームはV逸。新井は責任を感じ、以来、ずっとモヤモヤした気持ちでいた。

岡田はそのシーズン終了後、責任を取り監督を辞任。V逸の原因のすべてではないが、新井は岡田に頭を下げたかった。2009年の春。沖縄キャンプを視察した岡田は新井に誘われた。「食事に付き合ってください」。2人は沖縄でグラスを合わせた。

「監督、すみませんでした。大事なところで故障して…」。ずっと引きずっていた新井に岡田は声をかけた。「もう終わったこと。気にするな。何も思ってないわ」。

そんな関係の2人が2023年シーズン、監督という立場でぶつかる。それを岡田に聞いてみた。「新井監督? そんなん、立場的に他のチームのことを言えるわけがないやろ」と言いつつ、新井にはやはり特別な思いを隠せなかった。

「エエ男やんか。気持ちがやさしいというか、みんなに好かれる人間よ」。ただ監督としてはどうだろうか? 岡田は新井のやさしさを気にしていた。「まあ監督になったんやから、やさしさをどう変えていくか。それは新井もわかっているやろな」。時として冷徹で、非情にならねばならない監督業。大先輩の言葉は新井に届くか。

新井は意外と若かった。もっと年齢がいっていると思っていたが現在45歳。これは球界最年少監督であり、岡田とは20歳差。最年長と最年少の監督勝負。これは見ものだが、他にも岡田と因縁のある監督が…。巨人の原とは学生時代からの縁で、今回、再び、TGとして激突するし、DeNAの三浦とは浅からぬ縁が。三浦の父親が岡田の後援会「岡田会」のメンバーで、三浦は幼い時から顔見知りだった。

かつて岡田が村山実とキャッチボールしたと同じように、三浦少年は岡田と野球に興じ、それから40年後、互いに監督として戦うのだから不思議な巡り合わせではないか。

中日の立浪とはさすがに接点はないと思っていたら、「昔、同じスポーツメーカーのアドバイザーやったんで、オフに顔を合わせていたわ。野球を知っているという印象が強く残っている」と振り返る。

長い間、野球界に携わっていると、何かしら縁や関わりが生まれる。ただヤクルトの高津とは接点はない。2023年こそ、高津との争いになるのか。2年連続のリーグ優勝チーム。最大のターゲットはヤクルトとなる。評論家として、ヤクルトの強さを目に焼き付けた。そこで岡田なりのヤクルト撃破法を見つけているに違いない。

人生いろいろ、監督もいろいろ…。最年長監督は確実に若さを取り戻した。原、新井、三浦、立浪、そして高津。それぞれの顔を思い浮かべながら、岡田は静かなオフに入る。しかし、頭の中は巡っている。「アレ」のために、ここから2カ月、岡田流の戦略を練る。「監督力勝負」は望むところ。ホンマ、楽しみが膨らむ。

————————————

阪神タイガースNEWSがてんこ盛り!
その他の記事は日刊スポーツで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です